2011年03月10日

2011プロ野球、統一球使用開始

今シーズンから、プロ野球12球団で使用されるボールが、ミズノ社製のものに統一されることになります。


これまで、ミズノ社製以外にも、複数のメーカー製のボールが使用されてきました。

公認野球規則により、ボールの重さ、大きさなどが定められ、反発力検査をクリアしたボールのみが使用されてきましたが、メーカーにより、材質、製法に若干の違いがあり、飛ぶ、飛ばない、握りやすい、握りにくいといった機能面での差異が見られたようですね。

公式戦において、どのメーカーのボールを使用するかは、ホームチームに決定権があり、各球団は自チームに有利なボールを選択することができました。

そのため、ボール以外の要素もあるんでしょうが、球場によって、ホームランが出やすいところと出にくいところが発生し、問題になりました。

いわゆる『飛ぶボール問題』です。


また、オリンピック、WBCなど国際試合の増加に伴い、日本人選手が、日本とメジャーリーグなど海外で使用されるボールとの違いに戸惑う場面が見られるようになりました。

そのため、日本で使用するボールを、よりメジャーなどの海外で使用されるものに近づけようという狙いもあるようです。


新球は、従来のものより飛ばなくし、そして、握った感触をメジャーなど海外のものに近づけようとしています。

今シーズンから使用される統一球は、コルク芯を覆うゴム材に新低反発素材を採用することにより、規格値下限により近づけ、従来のボールより反発力を抑えてあります。

投手の投げるボールスピード144km/h、バットのスイングスピード126km/h、飛び出し角度27度とすると、従来のボールの飛距離は約110.4m、新ボールでは約109.4mとなり、約1.0m飛距離を抑えられるそうです。

また、国際大会使用球に感触を近づけるため、従来のものより、ボールの縫い目の幅を広く、縫い目の高さを低くしてあります。

より詳しい情報は、こちらのミズノ社サイトへhttp://www.mizuno.co.jp/whatsnew/news/nr100823/nr100823.html



さて、これらの変更により、攻撃、守備の両面にどのような影響が出るのでしょうか?

キャンプ情報などを見ると、打者によっては、打つ際に差し込まれるような感覚を訴える選手もいるようです。

身体が大きくパワーのある打者と、身体が小さくパワーがさほどない打者で違いが出てくるかもしれませんね。

飛距離にして1mというのは、どの程度の影響があるんでしょうか?

また、投手はどうかというと、変化球の曲がりが大きくなった、あるいは逆に、小さくなったなどの影響を訴える選手もいるようです。

こちらも、選手個々の持ち球、身体条件、適応能力によって差が出るのか、あるいは時間の経過とともに新球に慣れ、さして影響が出ないのか。

そして、各チームに与える影響は?

攻撃、守備面での戦法に変化はあるのか。

実際にシーズンに入ってみないとわからないのかもしれませんね。


そういう変化に注目してゲームを観るというのも、今年のひとつのポイントかもしれませんね。


タグ:統一球 新球
posted by 野球少年 at 00:00| Comment(0) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月04日

甲子園球場〜スコアボード改修工事完了

甲子園球場のスコアボードの改修工事が完了したようです。

以下、3月2日付読売新聞より引用。


 14年ぶりに行っていた甲子園球場のスコアボードの改修工事が完了し、1日、報道陣に披露された。
 昨季からボールカウントの審判コールが、米大リーグや国際試合と同様にボールから告げられていることを受け、表示順を「SBO」から[BSO」に変更したほか、選手名表示と審判名表示を発光ダイオード(LED)化するなどした。
 9日のオープン戦・楽天戦から使用。選抜高校野球大会でも活用する。工事は昨年12月13日から、約3億3000万円をかけて実施した。


ヤフージャパンニュースより
新スコアボードの写真http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110301-00000050-jijp-spo.view-000



甲子園も年々きれいになっていくようですね。

スコアボードといえば、昔の手書きのものが印象深いです。

ボードに白のペンキで、選手名や得点を記入していました。

よく見ると、スコアボードの隙間から、中で作業している方が見えました。

あの書体は、結構独特のものがありましたね。

なかなかうまいもんだなと感心したことを思い出します。

雨になると、ボードが濡れて、白のペンキが垂れ、さらには、ほとんど数字や文字が消えてしまうこともありました。

雨の中行われた高校野球の試合で、そんなシーンをよく目にしました。

ちなみに、手書きのスコアボードは、1983年まで使用され、1984年から電光掲示板に変更されたようです。

また、現在、甲子園球場内にある甲子園歴史館に、かつて使用されていた手書きの選手名板が展示されているそうです。








posted by 野球少年 at 00:00| Comment(0) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月07日

2010パリーグ個人守備成績ランキング

今回は、2010年の、パリーグの個人守備成績を取り上げたいと思います。



            守備率   試合   失策   捕逸  

一塁手         
          
1.小久保裕紀 (ソ).998   109    2
2.金泰均   (ロ).993   135    8


二塁手 
 
1.高須洋介  (楽).992   102    4
2.井口資仁  (ロ).990   143    7
3.後藤光尊  (オ).989   143    8


三塁手

1.バルディリス(オ).971   114    7
2.松田宣浩  (ソ).967   109    8
3.小谷野栄一 (日).965   143   12


遊撃手

1.渡辺直人  (楽).984   111    8
2.中島裕之  (西).980   129   11
3.川崎宗則  (ソ).977   144   14


外野手

1.坂口智隆  (オ).996   136    1
2.サブロー  (ロ).995   111    1
3.栗山巧   (西).994   144    2


捕手

1.上本達之 (西)1.000   73    0   1
2.大野奬太 (日) .998   87    1   1
3.鶴岡慎也 (日) .997  105    2   4


投手

1.帆足和幸 (西)1.000   27    0
1.涌井秀章 (西)1.000   27    0
1.永井怜  (楽)1.000   27    0
1.杉内俊哉 (ソ)1.000   27    0
1.武田勝  (日)1.000   26    0
1.田中将大 (楽)1.000   20    0

posted by 野球少年 at 00:00| Comment(0) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。