2010年10月01日

南海ホークスにやって来た助っ人 トニー・バナザード

トニー・バナザードは、1988年に、南海ホークスにやって来た助っ人外国人選手でした。

1988年には、111試合に出場し、138安打、打率.315、ホームラン20本、打点60。

翌1989年は、122試合に出場、121安打、打率.271、ホームラン34本、打点93という成績を残しています。

まずまずの活躍を見せたと言っていいでしょう。

また、バナザードといえば、そのプレーとともに思い出すのが乱闘です。

バナザードは、気性が激しく、しばしば乱闘事件を引き起こしました。

ひげを生やしたその風貌は、なかなか迫力がありました。



トニー・バナザード

1988      南海ホークス
1989〜1990 福岡ダイエーホークス

posted by 野球少年 at 00:00| Comment(0) | 外国人打者編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。