2010年09月24日

近鉄バファローズにやって来たメジャーのホームラン王 ベン・オグリビー

ベン・オグリビーは、1987年に、近鉄バファローズにやって来た助っ人外国人選手でした。

オグリビーは、長打力のある左打者でした。

メジャー経験16年のベテランで、1980年には、メジャーで41本のホームランを放ち、ホームラン王となっています。

メジャーでの通算成績は、1754試合に出場し、1615安打、打率.273、ホームラン235本、打点901というものでした。

日本では、1987年には、124安打、打率.300、ホームラン24本、打点74。

翌1988年は、122安打、打率.311、ホームラン22本、打点65という成績を残しました。

来日時の年齢が38歳ということを考えると、まずまずの成績を残したと言えると思います。

オグリビーは、ブライアント、ローズとともに、近鉄バファローズでプレーした、思い出深い助っ人外国人選手でした。



ベン・オグリビー

1987〜1988 近鉄バファローズ


posted by 野球少年 at 00:00| Comment(0) | 外国人打者編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。