2010年09月21日

オリックスにやって来た助っ人 ガイ・ホフマン

ガイ・ホフマンは、1989年に、オリックスブレーブスにやって来た助っ人外国人選手でした。

ホフマンは、どちらかといえば、技巧派の左投手でした。

1989年には、9勝6敗、防御率3.45という成績を残しました。

翌1990年は、8勝9敗、防御率4.13という成績でした。

私の印象では、ホフマンは、良く言えば、まずまずのピッチャー。

悪く言えば、もうひとつ、パッとしない、というピッチャーでした。

日本でプレーした3年間の通算成績は、52試合に登板し、20勝19敗、防御率4.01というものでした。



ガイ・ホフマン

1989〜1990 オリックスブレーブス
1991      オリックスブルーウェーブ

posted by 野球少年 at 00:00| Comment(0) | 外国人投手編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。