2010年09月19日

広島カープにやって来た助っ人 ネイサン・ミンチー

ネイサン・ミンチーは、1998年に、広島カープにやって来た助っ人外国人選手でした。

ミンチーは、2mを超える長身の右腕でした。

1998年には、15勝11敗、防御率2.75という成績を残しました。

翌1999年は、故障もあり、わずかに2勝をあげるにとどまりましたが、2000年には、12勝をあげ、再び二桁勝ち星をマークしています。

2001年は、千葉ロッテマリーンズに移籍し、12勝14敗、防御率3.26という成績を残し、最優秀防御率のタイトルを獲得しています。

ミンチーは、広島で3年、千葉ロッテで4年、通算7年間、日本でプレーしました。

途中、故障などもありましたが、日本でプレーした7年間で、5回、二桁勝利をあげ、安定した実力を発揮した助っ人外国人投手であったと言えると思います。

7年間の通算成績は、187試合に登板し、74勝70敗、防御率3.64でした。



ネイサン・ミンチー

1998〜2000 広島カープ
2001〜2004 千葉ロッテマリーンズ

posted by 野球少年 at 00:00| Comment(0) | 外国人投手編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。