2011年03月04日

甲子園球場〜スコアボード改修工事完了

甲子園球場のスコアボードの改修工事が完了したようです。

以下、3月2日付読売新聞より引用。


 14年ぶりに行っていた甲子園球場のスコアボードの改修工事が完了し、1日、報道陣に披露された。
 昨季からボールカウントの審判コールが、米大リーグや国際試合と同様にボールから告げられていることを受け、表示順を「SBO」から[BSO」に変更したほか、選手名表示と審判名表示を発光ダイオード(LED)化するなどした。
 9日のオープン戦・楽天戦から使用。選抜高校野球大会でも活用する。工事は昨年12月13日から、約3億3000万円をかけて実施した。


ヤフージャパンニュースより
新スコアボードの写真http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110301-00000050-jijp-spo.view-000



甲子園も年々きれいになっていくようですね。

スコアボードといえば、昔の手書きのものが印象深いです。

ボードに白のペンキで、選手名や得点を記入していました。

よく見ると、スコアボードの隙間から、中で作業している方が見えました。

あの書体は、結構独特のものがありましたね。

なかなかうまいもんだなと感心したことを思い出します。

雨になると、ボードが濡れて、白のペンキが垂れ、さらには、ほとんど数字や文字が消えてしまうこともありました。

雨の中行われた高校野球の試合で、そんなシーンをよく目にしました。

ちなみに、手書きのスコアボードは、1983年まで使用され、1984年から電光掲示板に変更されたようです。

また、現在、甲子園球場内にある甲子園歴史館に、かつて使用されていた手書きの選手名板が展示されているそうです。








posted by 野球少年 at 00:00| Comment(0) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。