2011年03月12日

阪神タイガースにやってきた助っ人投手 ジーン・バッキー

「現役時代の姿は知らないけれど、一度、そのプレーを見てみたかった」という選手がいると思います。

私にとって、ジーン・バッキーは、まさにそういう選手です。

バッキーは、おそらく、タイガースファン、ならびに、ある年齢以上のプロ野球ファンならよく知っていて、しかも今もなお強く記憶に残っている助っ人外国人選手ではないのでしょうか。

私自身は、残念ながら、バッキーの現役時代の姿を知りません。

引退後、何度か日本に来たときの姿をテレビで見たことがありますが、長身で、横幅もあり、かなり大柄な人という印象があります。

今、現役時代の映像を見てみると、かなり背が高く、思いのほか、スマートです。


1962年に阪神タイガースにやって来ますが、テスト入団だったみたいですね。

これは意外でした。

1年目は、8試合に登板、0勝3敗、防御率4.70という成績ですから、やはり、入団当初は、実力的にはもうひとつという助っ人外国人だったのでしょう。

それが、3年目の1964年に、大ブレーク。

46試合に登板、29勝9敗、防御率1.89という成績を残しています。

この年、最優秀防御率、最多勝利のタイトルを獲得、ベストナイン、沢村賞に選ばれています。

それにしても、1シーズンに46試合も登板して、投球回が353.1というのはすごいですね。

この当時のピッチャーは、今よりもずっと短い登板間隔で投げていたそうですが、それにしても多いですね。

ちなみに、昨年のセパ両リーグの投手を見てみると、セリーグでは広島の前田健太投手が、28試合に登板、215.2投球回。

パリーグでは、オリックスの金子千尋投手が30試合に登板、204.1投球回。日本ハムのダルビッシュ有投手が26試合に登板、202投球回となっています。


また、この1964年に、阪神タイガースは優勝しています。

この年のチーム成績を見てみると、チーム防御率がリーグ1位である一方、チーム打率がリーグ5位ですから、1985年の優勝時のチームとは反対に、投手力優位のチームであったようですね。

ということは、阪神タイガースの優勝にかなりバッキーが貢献したということでしょう。


バッキーは、1964〜68年まで、5年連続で2桁勝利をあげています。

また、1965年には、ノーヒットノーランを達成しています。


バッキーに関するエピソードとして、触れないわけにはいかないのが、1968年の対巨人戦での、バッキーが投じた、王貞治選手への危険球がきっかけで起こった、乱闘事件でしょう。

この試合、バッキーは、第1打席で王選手に対して死球を与えていました。

その後、第3打席、初球が王選手の頭部付近を通過。

そして、2球目も身体付近を通過。

さすがの王選手も、バッターボックスを出て、マウンドへ歩み寄ろうとしたところ、両軍の選手、コーチが駆け寄り、もみあう事態に。

その時、当時巨人のコーチだった荒川博氏がバッキーに詰め寄ったところ、バッキーが荒川氏にパンチを見舞い乱闘に。

荒川氏とバッキーの2人が退場することになりました。

その後、バッキーと交代で登板した、阪神タイガースの後藤正利投手の投じたボールが、なんと、王選手の頭部に直撃。

再び両軍入り乱れての乱闘騒ぎに。

試合再開後、その騒ぎをネクストバッターサークルで見つめていた長嶋茂雄選手が、次打者として打席に立ち、ホームランを放って、両手を挙げてホームインしたエピソードは有名。

でも、実は、王選手とバッキーは、お互いの家を訪ねるくらい仲が良かったとのこと。

新聞のコラムで、王氏がそのように語っているのを読んだことがあります。


残念なことに、その乱闘の際、バッキーは、右手の指を骨折。

それが原因で、選手生命を縮める結果となってしまいました。

翌1969年に、バッキーは、近鉄バファローズに移籍しますが、思うような結果を残せず、その年限りで引退することになりました。

通算8年間で、251試合に登板、100勝80敗、防御率2.34という成績でした。




ジーン・バッキー

1937年8月12日生まれ
アメリカ ルイジアナ州出身
191cm 91kg
右投げ右打ち
投手

阪神タイガース 1962〜1968
近鉄バファローズ 1969

posted by 野球少年 at 00:00| Comment(0) | 外国人投手編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月10日

2011プロ野球、統一球使用開始

今シーズンから、プロ野球12球団で使用されるボールが、ミズノ社製のものに統一されることになります。


これまで、ミズノ社製以外にも、複数のメーカー製のボールが使用されてきました。

公認野球規則により、ボールの重さ、大きさなどが定められ、反発力検査をクリアしたボールのみが使用されてきましたが、メーカーにより、材質、製法に若干の違いがあり、飛ぶ、飛ばない、握りやすい、握りにくいといった機能面での差異が見られたようですね。

公式戦において、どのメーカーのボールを使用するかは、ホームチームに決定権があり、各球団は自チームに有利なボールを選択することができました。

そのため、ボール以外の要素もあるんでしょうが、球場によって、ホームランが出やすいところと出にくいところが発生し、問題になりました。

いわゆる『飛ぶボール問題』です。


また、オリンピック、WBCなど国際試合の増加に伴い、日本人選手が、日本とメジャーリーグなど海外で使用されるボールとの違いに戸惑う場面が見られるようになりました。

そのため、日本で使用するボールを、よりメジャーなどの海外で使用されるものに近づけようという狙いもあるようです。


新球は、従来のものより飛ばなくし、そして、握った感触をメジャーなど海外のものに近づけようとしています。

今シーズンから使用される統一球は、コルク芯を覆うゴム材に新低反発素材を採用することにより、規格値下限により近づけ、従来のボールより反発力を抑えてあります。

投手の投げるボールスピード144km/h、バットのスイングスピード126km/h、飛び出し角度27度とすると、従来のボールの飛距離は約110.4m、新ボールでは約109.4mとなり、約1.0m飛距離を抑えられるそうです。

また、国際大会使用球に感触を近づけるため、従来のものより、ボールの縫い目の幅を広く、縫い目の高さを低くしてあります。

より詳しい情報は、こちらのミズノ社サイトへhttp://www.mizuno.co.jp/whatsnew/news/nr100823/nr100823.html



さて、これらの変更により、攻撃、守備の両面にどのような影響が出るのでしょうか?

キャンプ情報などを見ると、打者によっては、打つ際に差し込まれるような感覚を訴える選手もいるようです。

身体が大きくパワーのある打者と、身体が小さくパワーがさほどない打者で違いが出てくるかもしれませんね。

飛距離にして1mというのは、どの程度の影響があるんでしょうか?

また、投手はどうかというと、変化球の曲がりが大きくなった、あるいは逆に、小さくなったなどの影響を訴える選手もいるようです。

こちらも、選手個々の持ち球、身体条件、適応能力によって差が出るのか、あるいは時間の経過とともに新球に慣れ、さして影響が出ないのか。

そして、各チームに与える影響は?

攻撃、守備面での戦法に変化はあるのか。

実際にシーズンに入ってみないとわからないのかもしれませんね。


そういう変化に注目してゲームを観るというのも、今年のひとつのポイントかもしれませんね。


タグ:統一球 新球
posted by 野球少年 at 00:00| Comment(0) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月04日

甲子園球場〜スコアボード改修工事完了

甲子園球場のスコアボードの改修工事が完了したようです。

以下、3月2日付読売新聞より引用。


 14年ぶりに行っていた甲子園球場のスコアボードの改修工事が完了し、1日、報道陣に披露された。
 昨季からボールカウントの審判コールが、米大リーグや国際試合と同様にボールから告げられていることを受け、表示順を「SBO」から[BSO」に変更したほか、選手名表示と審判名表示を発光ダイオード(LED)化するなどした。
 9日のオープン戦・楽天戦から使用。選抜高校野球大会でも活用する。工事は昨年12月13日から、約3億3000万円をかけて実施した。


ヤフージャパンニュースより
新スコアボードの写真http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110301-00000050-jijp-spo.view-000



甲子園も年々きれいになっていくようですね。

スコアボードといえば、昔の手書きのものが印象深いです。

ボードに白のペンキで、選手名や得点を記入していました。

よく見ると、スコアボードの隙間から、中で作業している方が見えました。

あの書体は、結構独特のものがありましたね。

なかなかうまいもんだなと感心したことを思い出します。

雨になると、ボードが濡れて、白のペンキが垂れ、さらには、ほとんど数字や文字が消えてしまうこともありました。

雨の中行われた高校野球の試合で、そんなシーンをよく目にしました。

ちなみに、手書きのスコアボードは、1983年まで使用され、1984年から電光掲示板に変更されたようです。

また、現在、甲子園球場内にある甲子園歴史館に、かつて使用されていた手書きの選手名板が展示されているそうです。








posted by 野球少年 at 00:00| Comment(0) | 番外編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。